健康、天候、パートナーで、旅は200%楽しめる♪                                     ひよっこトラベラーbluegingerの独断と偏見(^_^♪)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北 ⑧ 台北ガーデンホテルで最高のステイ
2015年05月14日 (木) | 編集 |
 BR + ロイヤルシーズンズホテル北投&2ホテル 
GWはマンゴー雪花冰で決まり 台北2泊3日
2015.05.04 ~ 2015.05.07 
< 8 >

2日めに利用した台北ガーデンホテルは
MRT西門と小南門の両方が使える

小南門のほうが少し近い
徒歩5分くらい
IMG_9364.png

小さい駅の方が楽
構内の移動も少なくて済む
CIMG5671.jpg

わーけっこう立派な建物

セールでもなかったら
選ばないホテルだ
CIMG5444_201505140618299df.jpg

ロビーはそれほど大きくないが
吹き抜けが気持ちいい

小南門からだと
裏口から入れて便利
(←正門 ロビー 裏口→)
CIMG5669_20150514061828f59.jpg

16階の12階にアサインされた

この時まだ12:30
絶対無理だと思ったが
すぐにチェックインさせてもらい感謝

なのでもっと高層階へとは
言い出せなかった(๑´ڡ`๑)

建物の裏側になるが
明るい日差しに文句なし
ガーデンホテルのレストラン棟が
目の前に見える

縦と横がほぼ同じサイズの
キングサイズベッド
寝心地抜群~
CIMG5480.jpg

ベッドの正面はライティングデスクと
大きな荷物置き
便利~
CIMG5482.jpg

このスペースがよかった
CIMG5483.jpg

セーフティボックスは
普通に使えた

今回の3ホテルのうち
使えたのはここだけだった
CIMG5487.jpg

 薄ペラのスリッパ
1日なので十分
CIMG5492.jpg

コンプのお水2本
コーヒー、お茶等
CIMG5488_2015051406195247d.jpg

マグの底がマップ
CIMG5490.jpg

冷蔵庫内はすべて有料
CIMG5489_20150514061950349.jpg

大好物のバスローブがなかったので
電話をして持ってきてもらった
CIMG5496_20150514062125945.jpg


続いてバスルーム

洗面台の上の照明が薄暗く
ちょっとがっかり
ここが明るくないと
テンション下がるのだ~↓
CIMG5476_20150514062124dcc.jpg

拡大鏡付きミラーあり
CIMG5474.jpg

ティシュ、アメニティ類
CIMG5470_20150514062123ff9.jpg

ハンドタオル、ドライヤーは
洗面台下の棚に
CIMG5471.jpg

ボディローションとボディウォッシュのみ
へー何だろう
この品揃えと思ったら・・・
CIMG5473.jpg

欲しいものは
リクエストする方式とわかる
なるほど~、合理的だ
部屋にバスローブを
おいていないのも
エコの一環かもしれない
CIMG5627.jpg

シャワーとバスタブが別
CIMG5468.jpg

レインシャワーあり

横に使い方が貼ってあり便利
こういうのわかりづらいから・・・
CIMG5472_20150514062240aac.jpg

かなり正方形に近いバスタブ
深さはあるが足が伸ばせない(≧w≦;)

シャワーと別にしたので
こうなってしまったのかな~
リノベーションでこうしたのかもしれないが
もう少し工夫して欲しかった
CIMG5638.jpg


西門付近のホテルは
最初に訪れたツアー以来

あの時は
西門町中央にある
パラダイスホテル(一楽園)だった
懐かしい~

JHCからのメールに添付のあった
申し込み完了画面を
プリントアウトしていなかったので
チェックインで少し待たされた

どうしても必要とのことで
その場でメールを
ガーデンホテルに転送
かなり厳密だ

ホテルをネット予約すると
チェックインの時は
スマホの画面を見せるか
パスポートの提示だけで
細かいことを言われたことがなかった

こちらのホテルは
しっかりしているな~
フロントの女性も
けっこう早口な英語だったし
久しぶの高級ホテルに
戸惑ったbluegingerだった

泊まり心地は最高
カルフールも近い💖

次また半額が出たら
ぜひ利用したいと思う(✿❛◡❛ )

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。