健康、天候、パートナーで、旅は200%楽しめる♪                                     ひよっこトラベラーbluegingerの独断と偏見(^_^♪)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北 <21> 寧夏夜市近くで飯團(ファントァン)~
2014年09月02日 (火) | 編集 |
 CI+グリーンワールド建北&シンプルプラス 
真夏の台北でマンゴー三昧 2泊3日
2014.08.02~2014.08.04 
< 21 >

昼間はひっそりとした通りで
寧夏夜市の賑わいとは別物だ

交差点のあたりは朝食の激戦地
信号待ちの間に覗いてみると
おいしそうなお店が多い

世界豆漿大王に行くつもりが
このお店が気になって
通り過ぎてから戻ってきた

1つ、ください~

大きな蒸篭のなかから白いご飯を
取り出そうとしたので
赤飯を指差しお願いする

飯團を作るときの布は
どのお店もポリ袋をかぶせている
布直接握るより絶対いいよね
いつからこの形になったのだろう

遠慮がちに写真を撮らせてもらっていると
おばちゃんが時々作業をやめて
これも撮りなさい、と指示してくれる
まわりで食べていた地元の人達も大笑い(๑´ڡ`๑)
12_201409040517395ba.jpg

ちょっと気難しい人に見えたけれど
ほんとはすごく面白くていいヒト

あまりぎゅっと握らない飯團が完成
近くのバイク置き場で食べた

うまーーーい
戻ってきた甲斐があった( ^ω^ )
16_201409040517386a3.jpg

おいしい、と伝えに行くと
おばちゃん、満面の笑顔

そして私が小脇に抱えた地図を指差し
何か言っている
何、何て言っているのだろう

わからない

ここが日本のガイドブックに載っているか
聞いているのだろうか

あとから来た女子学生が英語に翻訳してくれた

どこへ行きたいのと聞いていたのだ

おばちゃん、ありがとう
次のお店の場所はわかるから大丈夫(^_^♪)

赤い飯團が食べたかったこの日
ここで食べられてよかった

おばちゃん、またよろしくね~

会計
たまご入り飯團(ファントァン)
50元 (≒170円)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。