健康、天候、パートナーで、旅は200%楽しめる♪                                     ひよっこトラベラーbluegingerの独断と偏見(^_^♪)
台北 ⑫ 家美飯店(ウェルカムホテル) 部屋の様子 2
2013年12月01日 (日) | 編集 |
台北 ⑭ 家美飯店(ウェルカムホテル) ほかの部屋
2013年12月04日 (水) | 編集 |
 NH & 家美飯店(ウェルカムホテル) 
 秋の台北 もっとのんびり旅 2泊3日
2013.11.06~11.18 < 14 >

恒例、ほかの部屋観察の時間

お掃除の方がいるときは断って
いないときは黙って探偵となる

すみません
決して上品な趣味ではない
好奇心がそうさせる


利用した正面の部屋
予約したのはこのタイプだったかもしれない
本来ならここに泊まったかも~、なので
とても興味がある
CIMG0191_2013120405583062f.jpg

ホテル裏の空き地に面して
大きな窓があり
明るい部屋だ
CIMG0748_20131204055829481.jpg


キングサイズベッドの前にテレビ台
ライティングデスク、カウチ&テーブル
空間も十分
  CIMG0749.jpg

バスルーム
CIMG0750_20131204055827e91.jpg

ダイナスティスイートAとほとんど同じ
CIMG0751_2013120405582565c.jpg

独立のシャワーブースもある
CIMG0752.jpg


続いてダイナスティスイートB
たぶんこのホテルで
一番いいお部屋
CIMG0191 - コピー

失礼します~

CIMG0753.jpg

大きな窓があり
確認しなかったが
ここからは101が見えると思う

利用した部屋とほぼ同じだが
レイアウトが違うせいか
まったく印象が違う

ベッドメーキング前だったので
ベッド周りはさすがに撮影が憚られた
CIMG0754.jpg


家美飯店(ウェルカムホテル)

唯一ちょっと・・・だった点は
バスローブがなかったこと

ガッカリしてしまった

かわりに
バスタオルを巻いて過ごす

2日目に
持参のショールをパレオのように
着用することを思いつく
これは役にたった


寝るときは何もつけないから
特に問題はなかったけれど


次はホテルの
朝食ビュッフェへ

台北 ⑮ 家美飯店(ウェルカムホテル) 朝食ビュッフェ
2013年12月05日 (木) | 編集 |
 NH & 家美飯店(ウェルカムホテル) 
 秋の台北 もっとのんびり旅 2泊3日
2013.11.06~11.18 < 15 >

ホテルの朝食ビュッフェ

エレベーターホールの横のドア
普段はしまっているが
CIMG0652.jpg

朝食タイムのみ開放される
7:00-10:00
CIMG0658.jpg

滞在1日めは阜杭豆漿のあとに軽く
2日目は外の朝食をパスし本格的に~
CIMG0659.jpg

ホットディッシュ色々
CIMG0665.jpg

パン、シリアル、ドリンク等
CIMG0673.jpg

パンがおいしそう~
CIMG0666_20131205061116a57.jpg

豆腐、豆腐乳、梅干、海苔、醤油等
豆腐乳、大好き
小さいかたまりを3個くらい食べた
CIMG0663_20131205061120f82.jpg

お漬物、煮物、炒め物
CIMG0664_20131205061121ecb.jpg

フルーツ、サラダ
CIMG0667.jpg

1日目はすいかの変わりにパッションフルーツだった
パッションフルーツ、いいね~
CIMG0343.jpg

とってもおいしかった柑橘類
オレンジ、柳橙というそうだ
CIMG0668_2013120506042945b.jpg

炊飯器には白いご飯♪
お粥
CIMG0677.jpg

甘い豆乳、味噌汁
CIMG0675.jpg

トーストしたパン、豆乳
いろいろ食べよう
  CIMG0682.jpg

ヘチマを思い出させる野菜炒め

この野菜は龍鬚菜というそうだ
龍のヒゲ・・・言われてみれば弦がそんな感じだ
CIMG0685.jpg

チャーハンにじゃこと豆の炒め物をかけて
特製じゃこチャーハン
最高の出来上がり
CIMG0686.jpg

ヨーグルトはなかった
残念

シメは甘い豆乳と柳橙
CIMG0691.jpg

レストランで使っていた
シルバーのランチョンマット
(画像にはないが向かい側はブラック)

こんなが欲しいと思っていたところ

お手入れも簡単そうだしね

ホテルで買えないかと思い
日本語のわかる女性に聞いてみたら
500元(≒1700円)だという

「台北でも高いものですよ」

そっかそんなにするんだ

自分で行きたいので場所を教えて欲しいというと
メモを書いてくれた

地図で見ると不便なところだった
行けない

CIMG0756.jpg

帰ってから
amazonで同じようなのをと思って買ったけれど
どう見ても別物だね、これは~
DSC05140.jpg


台北 ⑯ 佳徳糕餅 (ChiaTe)で鳳梨酥
2013年12月06日 (金) | 編集 |
 NH & 家美飯店(ウェルカムホテル) 
 秋の台北 もっとのんびり旅 2泊3日
2013.11.06~11.18 < 16 >


台北で欠かせないもの
小龍包
雪花氷


そして鳳梨酥

毎回いろんなところの鳳梨酥が食べたい

今回はブロ友keiさんお薦めの佳徳糕餅(ChiaTe)へ


MRT南京東路駅からタクシー
といいたいところ
歩く

bluegingerは歩くのが好き
タクシー嫌い
お腹減らしたい

南京東路三段から四段へ
台北アリーナが見えてきた
CIMG0170.jpg

まだまだ

南京東路五段
目立つ大きな看板発見

やった~
遠かった

駅から徒歩20分弱
赤い看板にホッとした
CIMG0173.jpg

大きなお店だ
夜8時近いのに店内は人がいっぱい
  CIMG0175.jpg

箱入りの鳳梨酥
CIMG0182_2013120708065114a.jpg

奥のばら売りコーナー
CIMG0179_201312070806493d0.jpg

お饅頭いっぱい
タロ芋ケーキもあるかな
CIMG0177.jpg

ショーケースも気になる
CIMG0183.jpg

丸いお盆に乗せてレジに並ぶ
レジは3ヶ所あるのだがどこも列が出来ている

皆大量買いしているので
なかなか進まない・・・・・(゚Д゚)
10分近く並んでやっとレジ終了

帰りには店内は溢れんばかり
大人気なのね~
日本語もたくさん聞こえてくる
CIMG0176.jpg

佳徳糕餅(ChiaTe)でお買い物

鳳梨酥@27元(≒92円)
フルーツ入り鳳梨酥@32元(≒110円)
リーズナブル~
CIMG0237.jpg

ロールケーキ、ミルクプリン
タルト、ミルクケーキ
CIMG0236.jpg

夜食の葱狐餅とビールに合わせて
ミルクプリンを食べる
CIMG0244_20131207080846e6a.jpg

プリンと言うより
濃厚なブラマンジェ、パンナコッタみたい
おいちい~
CIMG0253 - コピー


帰国後
恒例 鳳梨酥食べ比べ大会
今回のフルーツ鳳梨酥は
評判の高いクランベリーと
美味しそうに見えたプラムにした

何で全種類買ってこなかったのだろう
CIMG0876.jpg

贅沢にバターを使ったショートブレッドは
黄色味が強く食欲をそそる
クランベリーだけまわりに何か付いてる
この食感、面白い
CIMG0877_201312070810379c3.jpg

どれも基本はパイナップルジャムで
フルーツ鳳梨酥の半分はパイナップルジャム
クランベリーや梅の酸っぱさはいいアクセントだ

しっとりした生地にしっかり味のジャムがよくあう
食べる時にボロボロしてこない
バターいっぱいのおかげだ
CIMG0878.jpg

懐かしい味とあったミルクケーキ
CIMG0894.jpg

何層ものパイ生地に包まれた
黄身餡に似たミルク餡
やさしい歯ざわりにほっこり
CIMG0896_20131207081034989.jpg

珈琲味のロールケーキを
ワイルドなアニマルプリントが一回り
クリーム少な目に見えるが
いえいえ
けっこうどっしり食べ応えあり
DSC05118.jpg

ドライフルーツ入りタルト
DSC05119.jpg

粗めのココナツパウダーが入ってる
甘いだけのスポンジじゃないの~?

思わぬ展開
見た目から想像した味と違う

しっとりしながらボソッとココナッツ
このレシピ考えた人、偉い

DSC05121.jpg


微熱山丘の鳳梨酥より好みの味だ
IMG_0330.jpg


次の訪台時も
たくさん歩いて佳徳糕餅 (ChiaTe)に行こう


keiさん
ご紹介頂き有難うございました
感謝感謝です


J1観戦  湘南ベルマーレ vs 大宮アルディージャ
2013年12月07日 (土) | 編集 |
今年J1に昇格した湘南ベルマーレ

残念ながら残留は叶わなかったが
最終節を観戦に
友人6人でいざ平塚へ


待ち合わせは渋谷セルリアンタワーのロビー
IMG_0014_20131208094717901.jpg

友人がバンを出してくれた
高速がすいていて
予定より早く着くことができた
IMG_0017_20131208094716197.jpg

風がなく暖かくさえ感じる平塚で
15:30キックオフ
IMG_0034_20131208095728439.jpg

大宮アルディージャ戦
2_20131208095731e2f.jpg

朝から何も食べていなかったので
用意してもらったものをいただく

スモークした鴨でビールがすすむ
4_20131208095730408.jpg

サンタになった
クラブマスコット
IMG_0019.jpg

jcomのZAQも来ていた
黄色ちゃん、かわいい
どなたでしたっけ?
IMG_0047.jpg


もっとゴールシーンが見たかった

決まったかと思った決定的瞬間は
残念ながらゴールポストの外
IMG_0050_20131208100304b15.jpg

0-1で負けてしまった

1年間お疲れ様でした
また来年J1昇格を目指してがんばろう

試合後グラウンドに下りて
対戦後の余韻にひたる
IMG_0060.jpg

選手には
サポーターから大きな声援が
IMG_0065.jpg

スカパーの中継は
昨年引退した坂本選手が解説だった

この少し前
中継室から出てきた坂本選手と
2ショット撮影

忙しいところ気さくに応じてくれる
やさしい感じの好青年

タレント性もありそうなので
今後の活躍が期待できるね
IMG_0058.jpg

熟女3人からの囲み撮影にも応じてくれた
キングベルⅠ世
IMG_0069.jpg


渋谷まで戻り
焼鳥屋で反省会&忘年会

元気いっぱいのメンバーの中
bluegingerだけはぐったり
何も飲めず何も食べられずの体たらく

ゲーム中にビールを飲みすぎたのが原因だ
昼間のアルコールはまわるね
一度も座らずずっと応援したし・・・


来年のカレンダーと
ハンドタオル
CIMG5151_2013120810030031c.jpg


来年も応援に行きます

頑張れ、湘南ベルマーレ

ipad用3 in 1 カードリーダー & KEYUKAのランチョンマット
2013年12月08日 (日) | 編集 |
ipadで使っているカードリーダーが
画像を読み込まなくなってしまった

検索すると
バージョンアップしたら対応しなくなったと
かなりの人が書いている

私のもそうだろうか
これでは旅先で不自由なので
amazonで新しいものを購入
IMG_9993_20131208142640b91.jpg

バージョンアップに対応とあるのを
信頼して・・・
IMG_9994_20131208142640a3d.jpg

短いがケーブルあり
IMG_9996_201312081426394ba.jpg

コネクタ直結より少し安心だ
直挿しは折れそうでいつもドキドキする
IMG_0005_20131208142638fbb.jpg
(後ろが退役するカードリーダー)


このポップアップが出ても
読み込むことはできるようだ
IMG_9999_20131208142637b91.jpg

ipadがバージョンアップする度に
買い替えになるのでは困る
そんなことなら高いけれど
最初からappleの純正品を
買ったほうがいいに決まっている

しばらくは使ってみよう



家美飯店(ウェルカムホテル)の朝食会場で
使っていたランチョンマット

同じようなものを探していると書いたところ
KIさんが教えてくれた

土曜日、平塚へ行く前に
青山のショップへ
3_20131208142636e41.jpg

KEYUKAは
以前友人が吉祥寺店にいたことがあるお店だ
すっごく気に入って仕事をしていたが
ワケあって転職した

一度も訪ねたことがなかった
CIMG5152_20131208143132d95.jpg

ランチョンマット@490円x2枚
CIMG5157.jpg


水拭きができてお手入れ簡単
ワンコイン以下で
amazonのより安いくらい

探していたものにとてもよく似ている
むしろこちらのほうがオシャレだ
CIMG5167.jpg

さっそく使ってみよう♪
  CIMG5180_20131208151109f06.jpg


KIさん、有難うございました
素敵なものを買うことができました


ビールがおいしい~


台北 ⑰ 阜杭豆漿 
2013年12月10日 (火) | 編集 |
 NH & 家美飯店(ウェルカムホテル) 
 秋の台北 もっとのんびり旅 2泊3日
2013.11.16~11.18 < 17 >

ホテルから阜杭豆漿の入る華山市場まで
徒歩5分
CIMG0267.jpg

5時少し前に行ったら誰もいない・・・
CIMG0271_20131209203816f3f.jpg

暗い階段を上り店内へ
大きな窯は火入れ前
CIMG0275_20131209203815dc1.jpg

5時30分ジャストに開店
今回も一番乗り
CIMG0280_20131209203814f04.jpg

内用、外帯するものを
予め書いてきたメモを渡し
カウンターを進み
最終で会計を済ませる

お箸やソース、醤油など
CIMG0281_201312092038133bf.jpg

持ち帰り用のビニール袋
CIMG0282_2013120920381255d.jpg


鹹豆漿、持ち帰り用の甜豆漿
袋の中は蔥花鹹餅等3種類
薄餅夾蛋
CIMG0284.jpg

前回はパクチーを忘れられてしまったので
メモにはパクチー入りと書いた(つもり)

やっぱりこれがあるのとないのでは雲泥の差
CIMG0289.jpg

厚餅夾蛋ではなくて今回は薄餅にしてみた
葱入りたまご焼きに辛いソースをのせる
多すぎてむせた・・・・・・・・(゚Д゚)
CIMG0290.jpg

犬さんに教えてもらった蘿蔔絲餅はじめ
蔥花鹹餅、焦糖甜餅の全3種類
CIMG0295_20131209204007d96.jpg

千切り大根の入った蘿蔔絲餅かと思って
割ったのは焦糖甜餅だった
パイの中はハチミツのようで
惣菜ではなくお菓子っぽい

残りはあとで食べることにしよう
CIMG0296_2013120920400598f.jpg

お店の前の空き地で
猫達に再会
CIMG0300_20131209204005325.jpg

相変わらず遠巻きにしか交流できず

CIMG0303.jpg


9時過ぎに華山市場の前を通ったら
CIMG0377.jpg

行列は隣のビルまで続いていた
タクシーで乗り付ける人もいる
どんだけ人気なんだ~

日曜日だし明日は店休だとはいえ
もう驚くしかない
CIMG0379.jpg


楽しみにしていた蘿蔔絲餅
千切り大根の入ったパイ
DSC05134.jpg

千切り大根って
わ、本当だ

味の付いた千切り大根がたっぷり入っている

ナビを見ると黒胡椒が効いているそうだ
味はもう忘れちゃったけれど
食べた瞬間
うまっ!って思ったのは忘れようがない

リピ、絶対する
このためにも早起きする
決めた
DSC05135.jpg


阜杭豆漿
本日の会計 192元(≒650円)


前回撮った店内のメニュー表を添付
CIMG4855_20131210055823a20.jpg

わくわくバニラ de 沖縄へGo!
2013年12月13日 (金) | 編集 |
エアアジアがバニラエアになったのでしたっけ?

エアアジアXはまだ存続しているはず


関空メインのピーチはANA系

バニラもANA系になったよね~


なんだかよくわからなくなっている


そんなバニラな情報


わくわくバニラ - コピー
(画像はバニラエアのHPからお借りしました)


沖縄片道3000円


今日の17時までの予約


航空運賃3000円x2
手数料200円x2
座席指定300円x2

座席指定しても往復で7000円ジャスト


急いで~


台北 ⑲ 最初で最後の大友特産
2013年12月15日 (日) | 編集 |
 NH & 家美飯店(ウェルカムホテル) 
 秋の台北 もっとのんびり旅 2泊3日
2013.11.16~11.18 < 19 >


台北に滞在中とわかると
ブロ友から色々な情報が飛んでくる
便利な世の中だ


*なお*ちゃん、 keiさん
こぞって絶賛する大友特産に行ってみた

家美飯店から徒歩10分くらい
CIMG0770_20131216061644898.jpg

日本人観光客に人気のお店だが
近く閉店してしまうそうだ
CIMG0771.jpg

パイナップルジャムの入った
クッキー(クラッカー)と
マンゴーやトロピカルフルーツの入りチョコ
ここにきたらこれは絶対♪とのこと
CIMG0774.jpg

ショーケースの上には試食品がある
CIMG0772.jpg

パイナップルクラッカー@100元(≒340円)
CIMG0829_20131216061638608.jpg

個包装のクラッカーがいっぱい
CIMG0831.jpg

数種のフルーツ入りと迷って
マンゴーだけの箱にした
マンゴーチョコ@170元(≒580円)
CIMG0833.jpg

コロンとカワイイチョコ
CIMG0834.jpg

歯に付きそうなジャムのクラッカーの
おいしい食べ方を発見

歯に付きそうなジャムをどうするか

あまり大きくはないので
噛んで半分ずつではなく
そのままお口にポイっと入れよう

最初にクラッカー部分をぼりぼり砕き
残ったジャムをそーっと食べる
こうすると歯に付くことはない

あ、そうか
こんないい方法を思いついても
次に行った時に
買うお店がないのね・・・・・(゚Д゚
CIMG5529_20131216061720493.jpg

マンゴーチョコもとっても美味しかった


私は撮らないで~といわれた
凛とした美しさの奥様

ごめんなさい
撮らせていただきました
CIMG0773_20131216061639501.jpg

奥様によると
ここで扱うお菓子は
桃園空港にあるそうだ

お値段は多分
かなり高いのではないでしょうか、とのこと


大友特産の皆様
いつまでもお元気で

台北 ⑳ バスで九份へ  猫たちと再会
2013年12月18日 (水) | 編集 |
 NH & 家美飯店(ウェルカムホテル) 
 秋の台北 もっとのんびり旅 2泊3日
2013.11.16~11.18 < 20 >

家美飯店の最寄り駅
MRTの善導寺から
忠孝復興へ

九份行きのバスは
出口1番が近い
CIMG0385.jpg

九份でランチをするため
いつもより1時間遅く出る

きょうもバス停の周りは
白バス勧誘員がいっぱいだ
CIMG0387.jpg

9時半出発
チケット@100元(≒340円)

運転手さんのすぐ近くの席に座る
赤革はプライオリティシートなので注意
CIMG0389_20131219041437091.jpg

支払いをすると
こんなプラスチックをもらった
これは降りるときに返そう
CIMG0388.jpg

出発して50分位いで
赤い鉄橋が見える
CIMG0390_20131219041435ad0.jpg

1時間ほどで瑞芳の駅前を通った
日曜日のせいか人が多い

台北駅から列車でここまで来て
さらにバスで九份へというのも
いいかもしれない
CIMG0394.jpg

1時間20分で九份、旧道に到着

目指すは7-11の横の
旧道入り口だ
CIMG0398.jpg

今までで一番の大混雑
トイレにも寄ることが出来なかった
細い路が人で溢れ
なかなか前へ進むことができない

大きなエリンギ焼き♪
CIMG0419_201312190417478fa.jpg

今回もスルーしてしまった
CIMG0426.jpg

紅槽肉圓
いつか絶対食べるんだ~
CIMG0428_20131219041745231.jpg

いつものお店の前に
見返り美人猫
CIMG0412.jpg

おすましのわりに攻撃的
すごい力でぶつかり稽古

激突が大好きな甘えん坊は
気が済むとさっさと定位置に引き上げた
CIMG0415.jpg

合わせた前足がキュートな猫ちゃん
ほとんど動かない
大人気なのか
店頭に人だかりが出来ていた
CIMG0420-1.jpg

看板猫は
スマイル、スマイル~
CIMG0423_20131219041957c2e.jpg

見晴台近くの光景は大人気
カメラがあちこちから狙っている
CIMG0434_201312190419553f7.jpg

そんなことはお構いなしに
気持ちよさそうにシエスタ中
CIMG0432_20131219041954d99.jpg

落ちますよ~
気をつけてね
CIMG0433.jpg

九份のバス停前が
きれいになっていた

猫グッズのお店とイベント会場のようだ
CIMG0546_20131219041952941.jpg

台北 <21> 九份 老珍香餅店でできたての鳳梨酥♪
2013年12月20日 (金) | 編集 |
台北 <22> 九份茶坊
2013年12月21日 (土) | 編集 |
 NH & 家美飯店(ウェルカムホテル) 
 秋の台北 もっとのんびり旅 2泊3日
2013.11.16~11.18 < 22 >

前回、水心月茶坊を訪れた時
対応してくれたボニーちゃん

当日撮った画像をアプリで加工して
彼女に送ってからLINE友達になった

そう、台湾でもLINEはとてもメジャーなようで
メールをするというと
真っ先にLINEのアドレスを教えてくれたほど
びっくり

y9xWGpWImHaXKxu1387660510_1387660619.png


ボニーちゃんは今回
系列の九份茶坊にいた

CIMG0445_20131222062651ad1.jpg

とっても忙しそうにしていたが
話しかけると
ぜひ店内を見ていってという

CIMG0446_20131222062544f40.jpg

お言葉に甘えて
下の階へ
CIMG0453.jpg

どこもほんとうにおしゃれ

 CIMG0448_20131222062541526.jpg

オーナーの奥様作成の猫も
いたるところにいる

CIMG0449_20131222062540abd.jpg

カエルもかわいいよね
一時期集めていたほど
CIMG0450_201312220626558ba.jpg

見るだけ、見るだけ
いつでも買えるから
きょうは買わない・・・・・(゚Д゚)
CIMG0451_20131222062654b10.jpg

落ち着いた店内

でも私は外が見えるほうが好きだ
CIMG0452.jpg

九份茶坊をあとにして
CIMG0444.jpg


ランチを食べに
水心月茶坊へ
CIMG0465.jpg



台北 <23> 水心月茶坊でヘルシーランチ
2013年12月23日 (月) | 編集 |
 NH & 家美飯店(ウェルカムホテル) 
 秋の台北 もっとのんびり旅 2泊3日
2013.11.16~11.18 < 23 >

水心月茶坊
CIMG0543.jpg

ランチタイムは11:30~14:30
CIMG0463.jpg


いくつかあるメインから1品選んで
セットにするお得なランチ
CIMG0545.jpg

そのまえに外側をぐるり~

これがたのしいのだ
CIMG0466.jpg

風が通る高台にあり
ここから景色は
何度見ても飽きない
CIMG0469.jpg

あ、せんせー♪
こんにちは

前回はお店で寝ていたけれど
きょうはお散歩中ですか~
CIMG0475.jpg

見た瞬間、おもわず
せんせー、と呼びかけてしまった
CIMG0478.jpg

オーナーの奥様がかわいがっている猫ちゃん

先日スタッフの方に名前を聞いたのだけど
忘れてしまった
せんせー、でいいよね

立派でしなやかなキジトラ
以前家にいたあっちゃんにそっくり
ちょっと気が強い性格まで似ている

気に入らないことがあると容赦ない
自由気ままなあっちゃんを思い出した
CIMG0480.jpg

曇っているが時々日差しが入る

少し肌寒い

いつもの正面のテーブルはやめて
きょうは奥まったここにした
CIMG0488_20131223183220c95.jpg

セットに付いてくるお茶を飲みながら
料理が来るまで
のんびりと景色を楽しもう


まさか

時々視界をさえぎる人影が・・・

観光客数名が不意に現れて
目の前で撮影している

気持ちはわかるが
何もいわないで始まってしまうものだから
もう、ただ驚くばかり

どういう神経をしているのやら・・・
CIMG0490_201312231836044e5.jpg


お料理が調うのには少し時間がかかる

そんなときはせんせーを探して
遊んでもらおう

あれ、ご機嫌斜め?
しつこく追いかけまわしたから?

だって、かわいいんだもの
CIMG0494_20131223183603f1e.jpg

自由なせんせーのあとについて
敷地内を行ったり来たり
CIMG0510_201312231836027d2.jpg

水心月茶坊のランチ
CIMG0516.jpg

メインは3種類
メニューにあるお魚はきょうはないようだ
残念・・・

野菜だけのベジタリアンと迷って牛肉にしてみた
CIMG0523.jpg

牛肉のプーアール茶煮込み

牛スジ肉とアキレス腱を煮込んだものだとか
やや固めのお肉に味がしっかりしみている
CIMG0518_20131223183600f7e.jpg

おかわりしたかったご飯は雑穀米
CIMG0522_20131223183917a09.jpg

ふわふわの揚げものには
香ばしい味がついている
CIMG0520_2013122318391594c.jpg

とろみ餡かけ野菜
CIMG0521_20131223183914cda.jpg

野菜、キクラゲ、カニカマ等の和えもの
絶妙の味付けで
これだけでご飯がどんどん進む
CIMG0519.jpg

食後の甘味3点
CIMG0526.jpg

選んだ東方美人茶にお湯を継ぎ足して
いつまでもここにいたいと思う
CIMG0535_20131223183912272.jpg

大きな烏龍茶梅
CIMG0529.jpg

草色のお餅の中には
草色の餡が入っていた
CIMG0530.jpg

茶梅煮
この味を再現するのは難しそうだが
家でも作ってみたいな~
CIMG0539.jpg

店内はテーブルに囲まれて
中央に作品が並べられている
DSC05062.jpg

トイレ手前のコーナー
ここがとっても好き
DSC05063.jpg

にゃんこせいせーの散策は続く
DSC05056.jpg


本日の会計

ランチセット
450元(≒1500円)

台北 <24> 百勝堂でドライチップス
2013年12月24日 (火) | 編集 |
台北 <25> 吉軒茶語で微熱山丘の鳳梨酥
2013年12月27日 (金) | 編集 |
台北 <26> 古早味豆花で豪華なトッピング
2013年12月28日 (土) | 編集 |
 NH & 家美飯店(ウェルカムホテル) 
 秋の台北 もっとのんびり旅 2泊3日
2013.11.16~11.18 < 26 >

迪化街からの帰り
古早味豆味
CIMG0602_20131229114239a19.jpg

あまり広くない店内は超満員
どうやって注文するのかな

とりあえず入ってみよう
CIMG0601.jpg

メインをタピオカ豆花にして
あとひとつ加えたい

CIMG0597.jpg

プリンも美味しそう~
CIMG0595.jpg

芋圓入れたいな~
でもお腹いっぱい

ここはやっぱりあれ
CIMG0596.jpg

健康によさそうな仙草と
基本の小豆

地味だが
けっこうなボリュームになった
CIMG0598.jpg

つくりたてをそ~っと掬う

豆花ってほんとおいしい
毎日食べたい♪
CIMG0599.jpg


古早味豆花

タピオカ、仙草、小豆入り豆花
@55元(≒190円)

ロイヤルパークホテル・ザ・汐留 ① チェックイン
2013年12月29日 (日) | 編集 |
ロイヤルパークホテル・ザ・汐留

一休.comでお得なプランが出たので
利用してみた

ロイヤルパークといえば
水天宮に近いホテルを思いうかべる
一度はNo.1に輝いたあのホテル

汐留にあるその系列ホテルが
少し前リブランドし
新たな展開を始めたようだ

平日とはいえ@12000円はうれしい
IMG_0070.jpg

最寄り駅はゆりかもめの汐留だが
新橋から十分歩ける距離
CIMG5991_2013122914544347a.jpg

近くのカレッタ汐留では
XMASイベント中だった
CIMG5918.jpg

高いビルが林立する辺り
IMG_0071.jpg

地下の入り口は
少しわかりづらい
CIMG5919.jpg

魅力的なランチビュッフェ
これは次回、というか
機会があれば・・・
IMG_0068_20131229145751e30.jpg

エレベーターホール

CIMG5920.jpg

フロントのある24階へ
CIMG5921_20131229150022e08.jpg

天井の高いバー
夜は雰囲気がありオシャレ

IMG_0017_20131229145755d9e.jpg

階段の下に楽器があった
生演奏があるのだろうか
IMG_0020.jpg

チェックインをすませ
奥のエレベータで部屋へ
IMG_0024_2013122914575226c.jpg

ロイヤルパークホテル・ザ・汐留 ② 部屋の様子
2013年12月30日 (月) | 編集 |
予約時のリクエスト欄に
なるべく高層階を、とお願いしたところ
37階にアサインされた

最上階38階のタワーフロアーは
スイートや特別なお部屋だけ

ここまで高層階になると思わなかったので
正直ちょっとびっくり
感謝です♪


24階フロントでチェックインを済ませ
エレベーターホールに行くと
若くて柔和な感じ男性係員が
部屋まで案内してくれるという
CIMG5989_20131229152431c76.jpg

そんな対応がまだ残っているのかと
なんだかうれしくなる
IMG_0029.jpg

案内してくれた方が
部屋の中を丁寧に説明してくれた

いつも迷う目覚まし時計の使い方も
ここで聞いておこう
CIMG5922.jpg

カードキースロット
CIMG5978_20131229152955ed0.jpg

こんなタイプのロックは初めて
CIMG5977_201312291529546f0.jpg

ドアのあるクローゼットではなかった
ここを見ると
ビジネスホテルのようだ
CIMG5948.jpg

宿泊代を抑えるためにスリム化したのは
このあたりかもしれない

その分部屋も広くなる

スリッパは厚みはないが
1週間ははけそうなくらいしっかりしている

CIMG5949.jpg

ロールスクリーン2枚の窓
そしてカウチ
CIMG5947.jpg

薄いスクリーンを上げると
汐留シティセンターが目の前に見えた
CIMG5926.jpg

窓際から入り口を見ると
こんな感じ

デュベスタイルのベッドは寝心地最高
軽くて温かい羽毛の上掛けが
しっとりと身体になじむ

唯一ダメだったのが
上掛けシーツの匂い
たぶん柔軟剤だと思うのだが
少し強すぎる気がする

色々好みがあるから
花の匂いが好きよ、という人もいるだろう
私は何もないほうがいいな
CIMG5934.jpg

ベッドサイドには
グラス、アイスペール、携帯の充電器
目覚まし時計等
CIMG5929.jpg

ランプの下の3つのスイッチは
ランプのチューナー
部屋のライトのスイッチ
足元スイッチと
シンプルでわかりやすい


寝る前にあちこちしなくていいしね
IMG_0067.jpg

薄くしなやかな部屋着は
ボタンで留めてもいいし
付属のサッシュを使うことも出来る

  CIMG5937.jpg

凹凸の少ないワッフル地に
ロイヤルパークのロゴ入り

私はお腹のあたりがフカフカするより
キュっと結わえて着るほうが落ち着く
CIMG5980_201312291527473e5.jpg

2段めの引き出しは
セーフティボックス
CIMG5979_20131229152748b05.jpg

アールが美しい変形の
ライティングデスク
CIMG5945.jpg

3穴プラグ持参で夜は
ipadやデジカメ、スマホの充電をする
CIMG5976_20131229152750695.jpg

デスク横には
換気窓操作パネル
窓を開けることができないからだそうだが
使うことはなかった
CIMG5943.jpg

デスク下

CIMG5941_20131229152605cdb.jpg

マグカップ、紅茶、お茶等
CIMG5939_20131229152604052.jpg

最近のホテルって
コーヒーを置いてないところがとても多い
それが普通のようだ
なぜだろう~
IMG_0055.jpg

エアコンを使うとどうしても
部屋が乾燥する

少し遅い時間だったが
室内係に電話をして
加湿器を持ってきてもらった
IMG_0043.jpg  

電話のときついでに
女性用基礎化粧品のセットがあるかどうか
聞いてみると
@500円で販売しているとのこと

どんなセットかちょっと興味があったが
買わなかった

サービスだったらな、なんて
ちょっと思ったもので・・・・


窓際のカウチに座ってだらだらと
外を眺めるのって大好き

ビルが近いので
スクリーンは下げておくようにと
言われたっけ
部屋の明かりを落とせば大丈夫かな
CIMG5930.jpg

37階からの眺め
CIMG6052.jpg

次はバスルームへ
 

ロイヤルパークホテル・ザ・汐留 ③ バスルーム & 2013年まとめ☆
2013年12月31日 (火) | 編集 |
明るいバスルーム

アームの付いた拡大鏡あり
CIMG5950.jpg

小さいが水跳ねが少なく使いやすい
ウォッシュベイシン
CIMG5952.jpg

泡洗顔料はサラヤ
CIMG5953_201312311048082b0.jpg

アメニティ色々
コットン、綿棒、シャワーキャップ
折りたたみブラシ、シェーバー、歯ブラシ
CIMG5951.jpg

THEのロゴ入り
ふかふかのバスタオル
CIMG5954.jpg

ハンドタオルはこちら
CIMG5958_201312311048059fe.jpg

車輪が付いて動かせる籐製のワゴンに
ウォッシュタオル、ドライヤーあり
下に脱衣籠
CIMG5960.jpg

足回りはスッキリ清潔
スチールの塵入れあり
CIMG5982.jpg

深さがあるバスタブだが
幅が少し狭い
せっかく広いバスルームなのに残念
10cm広くてもいいような気がする
CIMG5969.jpg

サラサラのシャワーカーテンが気持ちいい
CIMG5955.jpg

シャンプー、コンディショナー
ボディソープは
資生堂製
CIMG5957_20131231104920228.jpg


風呂上りに氷入りビールを飲もう

ベンディングマシンコーナーはフロアにある
CIMG6030.jpg

ドリンク類はここで買わなくてもOK
地階の入り口横にファミマがあり
おつまみとともに調達した
CIMG6032_201312311141026bc.jpg

製氷機、携帯の充電器が並ぶ
CIMG6031.jpg

氷、大好き♪
CIMG6033.jpg


ビジネスホテルでは
フロアに製氷機があったり
有料で売っていたり
ありません、といわれたり・・・


お値段それなりのシティホテルでは
客室係が持ってきてくれるのが普通
(ルームサービスに氷だけ
お願いしたときはちょっと気がひけた)


その差がホテルの格の差、かも
と勝手に思っていたが
所謂シティホテルも
最近はどんどん
フロアに自販機&氷コーナーを設けている


使うほうもそのほうが楽だし
人件費対策にもばっちりだ

ホテル利用者は私をはじめ
それで十分と思っているだろう



ロイヤルパークホテル・ザ・汐留

一休.com特別プラン
平日利用
17:00チェックイン~11:00チェックアウト
食事なし

@12000円から
一休のクーポンを利用し
≒@10350円





*********************



大晦日なので
ちょっとまとめちゃおうかな~



今年は台北をメインに攻めた1年だった

台北、最高



2014年はどんな1年になるか
どんな旅をするか


健康に留意して
自分らしい日々を送ろう



いつもこの
拙いブログに遊びに来てくださる皆様
有難うございます

もっとしっかり伝えられるようにと思いながら
根がズボラなもので
どうしても画像に語らせてしまう

それでも読んでくださった方に
すこしでも
参考になれば幸いです



2014年も
bluegingerの毎日が旅気分を
引き続き宜しくお願いします

よいお年をお迎えください


10 - コピー