健康、天候、パートナーで、旅は200%楽しめる♪                                     ひよっこトラベラーbluegingerの独断と偏見(^_^♪)
台北 ⑰ 姜太太 、 姜包子 & KIRIN フローズン生
2013年08月04日 (日) | 編集 |
 B787 & 福華大飯店(ハワード・プラザホテル) 
台北からプチ旅~九份で猫探し 2泊3日
2013.06.22~06.24 < 17 >

緑SOGOのすぐ近く
行列ができる有名店 姜太太 包子店
CIMG0859_2013080505584094f.jpg

通るといつもこんな感じ だが
テークアウトだから
すぐに順番が来る
CIMG0854_20130805060320497.jpg

買ってすぐに食べよう
IMG_9053_201308050617487ec.jpg


蛋餅や豆漿もある
ということは阜杭豆漿のように
朝食が食べられるということだろうか
CIMG0860_20130805060320abd.jpg

すぐ隣にこんな看板
2階に通じる階段の入り口だ
・・・
でも使っている気配はない

どなたかのブログに
蒸籠を上の階に運んでいるのを見た
・・・というのがあった

6:00開始のお店なので
テーブルでの朝食があるかもしれない
CIMG0856_201308050603198df.jpg

姜太太の通りに
こんな矢印の看板があった
同じ姜を使った「姜包子」だから
系列店だよね~
CIMG0857.jpg

赤い看板の下がお店
店頭でおいしそうな包子を売っていた
ここもチェックだな~
CIMG0858.jpg
 
そして姜太太の隣に
最近開店した
KIRIN 一番搾り フローズンガーデン☆
  CIMG0850.jpg

台湾ビールとは違う味わいの日本のビールが
とても人気のようだ

この泡がおいしそうだもの( ´∀`)ァハ
CIMG0110.jpg

お手頃価格のおつまみもある
旅人も入りたくなるお店(`o´;)
CIMG0851.jpg

通るたび外まで人が溢れていた

ビールのお値段は日本的だが
おいしいものが大好きな台湾っ子の
心と胃を鷲掴みにしているみたいね~
CIMG0852.jpg


このエリア、要チェック~

台北 ⑱ 鮮芋千
2013年08月07日 (水) | 編集 |
 B787 & 福華大飯店(ハワード・プラザホテル) 
台北からプチ旅~九份で猫探し 2泊3日
2013.06.22~06.24 < 18 >

南京東路のDONAで
シャンプーを済ませてから1駅
ホテルまでのウォーキングが気持ちいい

なるべく歩くようにしよう
食べたら消化するが鉄則

で消化したらまた食べる

忠孝復興駅に近づくと
どうしても素通りできない鮮芋千に立ち寄る
CIMG0724.jpg

時刻は20:30
こんな時間に甘味OK

台北だから~
CIMG0723_2013080804541354f.jpg

カウンターで注文して席で待つと
ページャーが点滅
CIMG0725_20130808045412161.jpg


仙草4号の冰@NT$55(≒¥170)
大きな丼で登場
CIMG3012.jpg

芋頭、紅豆、珍珠(タピオカ)入り
CIMG0727_20130808045410a79.jpg

前回食べ損ねた芋頭がちゃんと入ってる

仙草を選んで正解だ
ミルクをたっぷりかけて~
CIMG0729.jpg

下のシャーベットも仙草(´∀`)
黒糖のようなコクのある味~
CIMG3016.jpg


リーズナブルなお値段で手抜きナシ
毎回来てしまいそう♪



そういえば永康街の人気店、永康51が引っ越して
アイスモンスターとして再開したそうだ

場所は忠孝敦化と国父記念館の中間くらい

こちらではマンゴーカキ氷より
タピオカミルクカキ氷が食べたい

相変わらずスゴイ行列のようだ

22時くらいまで開いているようなので
行くとしたら夜だね

それにしても台湾スイーツ(冰)は
どれもどうしてあんなに大きいのだろう

よくよく考えたら私あまり
かき氷が得意じゃなかった(ノ_・。)

台北 ⑲ マンゴーチャチャ(Mango Cha Cha)
2013年08月09日 (金) | 編集 |
 B787 & 福華大飯店(ハワード・プラザホテル) 
台北からプチ旅~九份で猫探し 2泊3日
2013.06.22~06.24 < 19 >

今回は百果園に行かないので
どこかマンゴーカキ氷を食べられるところを
探さなくちゃと思っていた

最寄駅忠孝復興駅から続いている
SOGO復興館(緑SOGO)に入ると
地下3階にMango Cha Cha発見

そういえば悠海さん
ここで食べていたっけ(´∀`)

ここにしよ~
CIMG3042_201308090554108a3.jpg

平日の11時前
店内には誰もいなかった

日本語のメニューあり
CIMG3036.jpg

お店全体がマンゴー色だ
CIMG3040.jpg

こちらでは愛文マンゴーしか使わないそうだ
季節もそろそろ終盤
おいしそうなマンゴーが飾られている
CIMG3038_20130809055407f26.jpg

ここに来る前に
糖村で鳳梨酥を買ってきた
糖村のバッグ、なかなかオシャレ~
CIMG3041_20130809055406fd0.jpg

優しいおねえさんが作ってくれる
マンゴーチャチャ雪花冰 NT$160(≒¥510)
CIMG3037.jpg

食べようとすると
これを持ってきてくれた

お塩だよね

スイカに塩をつけて
食べるのと同じ感じだろうか
CIMG0920_20130809055454dac.jpg

マンゴーは甘いのと
あまり甘いくないのがあった
甘くないのにはお塩、振ってもよかったかもしれない
IMG_3019.jpg

ふんわりしたカキ氷は
決して大きくはないけれど
食べごたえ十分
がんばって完食
IMG_3021.jpg

アクセントに紅豆の炊いたのが
ついていたらももっとよかったな~なんて
根っからの甘党の私は思う( ´∀`)ァハ


入り口付近の棚には
ドライマンゴーやクッキー、ジャム
マンゴー酢、リキュール
ビール、石鹸まで売っていた ・゜゜・*:.

何も買わなかったけれど
ジャムは確かにおいしそうだった♪

京急EX品川駅前(シナガワ グース内) ミステリープラン
2013年08月11日 (日) | 編集 |
先日飲んで帰った時のこと
洗顔しようとしたら眩暈がした

しばらく洗面台につかまっていたが
治らない

そのうち気分も悪くなってきたので
洗顔を諦めて
その日はそのまま寝てしまった

翌日は予定Qだったが
一日中ごろごろ寝っぱなし

疲れがたまっていたのか
そういう年代なのか

無理はいけない

無理、していないんだけどな~

飲み会といっても
その日はワイン、ビール、梅酒の3杯
これでこの体たらく
情けない



閑話休題


盛り上がって遅くなりそう
&金曜日
そんなときは予め近くに宿を取る

酔って満員の地下鉄で
情けない思いをするくらいならとの思いからだ
遅くなるほど本数は少なくなる
誰も助けてくれない(かもしれない(ノ_・。)


都内のホテル選びは難しい

以前ア○ホテルを使ったら
決して安くないのに
その空間の狭さにびっくり

そして狭いのは苦手だと実感した


MY都内のホテル選びの鉄則

都心の駅から近い
20㎡以上
明るく新しい
バスルームあり
10000円前後
(大浴場付きならなおいい)


色々探していて
こんなプランがあるのを発見☆

今まで2度利用したのは
京急EX品川駅前(シナガワ グース内)
京急EXミステリープラン - コピー
(楽天トラベルのHPからお借りしました)

楽天に限らず
当然ホテルのHPや
じゃらんでも取扱いがある

価格は変動するし
いつもあるわけじゃない

見つけたときはラッキー
CIMG8966 - コピー


品川駅からすぐ
徒歩5分かかるかかからないかの距離だ


フロントは複合施設シナガワ グースの3階になる


受付を済ませ加湿器を借りて
エレベーターに乗り込む

4台のエレベーターの中には
椅子付きのものもあった
CIMG3149.jpg

広いエレベーターホール
CIMG3084_20130811053656442.jpg

アイスディスペンサーあり
CIMG3083.jpg

7階にアサインされた
27階の7階だから
普段なら変更をお願いするところだが
ミステリープランはそれは出来ない
素直にしたがうだけ

ミステリープランの場合
高層階になることは
少ないような気がする
前回は11階だった
CIMG3047.jpg


ツインの部屋は
品川駅方向を向いている

平面図を見る限り
高輪方面向きの部屋は
シングルルームなのかもね
CIMG3080_20130811053323914.jpg

ツインベッドにソファーとテーブル付き
CIMG3048.jpg


20㎡以上で十分な広さ
CIMG3049.jpg


テンピュールはうれしい♪
CIMG3122_201308110528334a7.jpg

京急のマーク入り
薄いワッフル地の部屋着
CIMG3132.jpg

明るいファブリックのソファは
ベッドに使えるもの
CIMG3062.jpg 

それ用に
ここにもう一組
枕とふとんが用意されている
CIMG3064.jpg

以前ミステリープランで利用したときは
こんな感じの部屋だった
CIMG8888 - コピー

大きさ十分のTV
ここで加湿器を使おうと置いてみたが
近くにコンセントがなかった(ノ_・。)
CIMG3063.jpg


抱えて部屋に持ってきた加湿器は
ここに設置した( ´∀`)ァハ
チェックアウト時には置きっぱなしでOK
(加湿器は数に限りがあるとのこと)
CIMG3124.jpg

WIFI無料
電話の横にIDとPWあり
かなり高速でサクサクだった
CIMG3055.jpg

冷蔵庫の上に
カップや湯沸かし器の用意
CIMG3059.jpg

リセッシュ、ハンガー
靴磨きセット
スリッパにはシール式の中敷があり
気持ちよく使うことが出来る
CIMG3066.jpg


皆様同じようなことがあるのか
ソファ側のベッドの角はこの通り

私も左足をしたたかにぶつけてしまった
しかも2回も・・・・
気をつけよう♪
CIMG3118_2013081105332288d.jpg


続いてバスルーム
CIMG3069_2013081105332016c.jpg

フェイスタオル、アメニティ、フェイスウォッシュ
ハンドタオルはなし
CIMG3079_20130811054000df1.jpg


クシュクシュの泡立ちボディタオルあり
ブラシ、歯ブラシ、髭剃り、綿棒
CIMG3070.jpg


ドライヤー
CIMG3077.jpg


可動式シャワーヘッド
CIMG3074.jpg

バスタブ
ボディソープ、シャンプー、コンディショナー
フェイスソープは資生堂製

ボディソープはちょっと匂いがきついと思うが
人気なのだろうか
ほかでも同じものに出会うことが多い
 
CIMG3075_201308110536540ca.jpg

若干薄いバスタオル
CIMG3076_20130811054001b4f.jpg



チェックアウトは10時
ちょっと早いがそれはしかたない

自動チェックアウト機があるので
フロントに並ぶことはない


ミステリープランは
その時のお値段なので変動する

最初は12K、今回は13Kだった

禁煙喫煙も選べないので
どうしても禁煙じゃなくちゃ、という方はだめだね

低層階でも我慢できて
明るく広めの部屋が利用できるので
ここはお薦めだ

ツインはほとんど20㎡以上のようだし
その点は安心だ

もしかしたら10Kのミステリープランが
出ることも期待できる


ところで
広い部屋への
「うれしいアップグレード」なんて
あるのかな~

台北 ⑳ 糖村(Suger & Spice)、 鳳梨酥食べ比べ
2013年08月12日 (月) | 編集 |
 B787 & 福華大飯店(ハワード・プラザホテル) 
台北からプチ旅~九份で猫探し 2泊3日
2013.06.22~06.24 < 20 >

ヌガーで有名な糖村
CIMG3190.jpg

鳳梨酥もおいしいと聞く
CIMG3191_20130812053744a62.jpg

きれいで大きな店舗は
店内撮影禁止
CIMG3192.jpg

市販の半分の大きさのヌガーが
カウンターに置いてあり
試食を薦められ
全種類食べてみた
どれもおいしかった~

地元マダムや若者のカップルが
ためらうことなくヌガーを買っていく
手土産の定番になっているらしい
CIMG3193_20130812053743b5e.jpg

立派な箱はいらないんだけどな~

ばら売りはナシ
一番小さい6個入りを購入
CIMG3197_201308120537424db.jpg

スマートなパッケージで
チョコか何か入っていそう
@NT$40(≒¥130)
CIMG3198_2013081205373700a.jpg

その足で神旺大飯店へ
CIMG3194.jpg

1Fのケーキショップ POZZO
お目当ては鳳梨酥
CIMG3196.jpg

ばらで6個購入
@NT$35(≒¥110)

人気店で皆大量買いするのか
6というと6箱かと思われた(´Д`)=3
CIMG3199.jpg 

帰りの松山空港では
維格餅家へ
IMG_9808_20130812054907f00.jpg

市内と同じ価格が有難い

ばら売りがあるので6個
@NT$30(≒¥95)
CIMG3202_20130812053947e93.jpg

キャンディをたくさんもらった
CIMG3203.jpg


帰ってから小規模な食べ比べ(´∀`)
CIMG9965 (2)

最近は糖村(左)のような形が
流行ってきているようだ
CIMG9970 (2)

維格餅家(右上)で鳳梨酥のおいしさを知り
POZZOで鳳梨酥の奥深さに気付き
糖村でシャキシャキしたジャムにに魅了された
CIMG9971 (2)

糖村の鳳梨酥は
繊維がはっきり残っているので
ナイフでスパッと切れない

糖村の鳳梨酥の
しっかりした味と食感に
他の2個がかすんでしまった
CIMG9972 (2)



一度は食べたい微熱山丘(SunnyHills)
そして最近話題の八野爺

どちらも糖村タイプの形だ

八野爺は桃園空港で買えるそうだが
すぐに売り切れてしまい
幻の鳳梨酥と言われている

次回は桃園空港利用なので
ラッキーな出会いを期待しよう

台北 <21>  順成蛋糕
2013年08月13日 (火) | 編集 |
 B787 & 福華大飯店(ハワード・プラザホテル) 
台北からプチ旅~九份で猫探し 2泊3日
2013.06.22~06.24 < 21 >

順成蛋糕

パンとケーキがおいしそうに並ぶお店
忠孝復興駅に近い場所だ

一度パンを買ったことがある
味はごくふつう
CIMG3187_20130813053956324.jpg

信号待ちでウィンドーを覗いていたら
餡切りみたいな気になるもの発見

こういうの素通りできない♪
CIMG3188_20130813053955e35.jpg

グラム買いができる
NT$0.7(≒¥2.3)/gx334g≒(¥750)
CIMG3201_20130813053954dac.jpg

白餡に見えたのはフルーツの味で
予想と反してがっかり(ノ_・。)

黒糖風味の餡、小豆餡はおいしかった
CIMG3204_20130813055211e4e.jpg

タイペイナビによると
鳳梨酥もおいしいとのこと
買ってみよう♪
 CIMG3189_2013081305401729a.jpg


台北のパン屋さんは
平均して安くはないと思う

東京とほとんど同じか若干安いだけ


これでは旅先でパンを買う意味がない
・・・なんて思ってしまうbluegingerなのだ


東南アジアに廉価を求める時代では
ないのかもしれない

光フェイシャル 2回め + たっぷりの化粧水美容法
2013年08月14日 (水) | 編集 |
本日、3回9000円の
光フェイシャル
2回めの日

仕事帰りに立ち寄る
CIMG3255 - コピー

前回は有休を取った日だったので
日焼け止めだけを塗った顔

そのまま軽く拭いてもらうだけだったが
今回は自分でメークを落としてから開始だ

ふき取りか洗顔のチョイスは
ふき取りを希望

クレンジングローションとコットンを持って
奥の化粧台へ


数回ふき取ると
ファンデーションがすっかり落ちた

アイシャドウはそのままにした
目の周りには光を当てないから・・・
CIMG3249.jpg

前回とは違うエステティシャンに案内され
部屋で着替えをする
今回は新しいローブだった(´∀`)
CIMG3250.jpg

ローションで整えた後
顔の産毛剃りをします、と
いきなり剃刀を顎に当てられた

前回断ったことは
申し送りに入っていないのだろうか
顔は脱毛済みだと言ったはず


以下、前回とほぼ同じ手順で進む

今日の人は光の当て方がささっと早く
ショット数もプラス20回くらい

光を当てたときの感じは
前回よりさらに弱く感じるが
本当にそうかどうかはわからない
CIMG3251_20130815053531b2b.jpg

ジェルとタオルで冷却後
パック2種類

塗ると固まるタイプの石膏パックのあと
友人紹介でプレゼントされた
コラーゲンマスクと続く

コラーゲン、期待しちゃった~

どちらかというと
ソウルで買ってくるような
シート状のマスクだった( ´∀`)ァハ

全工程で1時間くらい


涼しい部屋のベッドに横たわり
パックをしながら眠るのは
最高に気持ちいい~

化粧台に戻り
軽くファンデを塗って終了
CIMG3254_20130815053529c87.jpg


次の予約を入れて帰ってきた


何か変化があればうれしいのだが
今のところ特に変わったことはない



最近励行しているのは
洗顔後の3回ローション

ランチ友に教えてもらった美容法で
化粧水を3回つけるというもの

ただそれだけ


1回め、肌に乗せ
少し時間を置く
2回め、軽くパッティング
また時間を置く
3回め、両手で押さえるように


水分を欲しがる肌は
化粧水をどんどん吸収するようだ

化粧水をケチってはいけない

高いものでなくても十分なので
ドラッグストアコスメを
どんどん使おうと思う


朝のせわしない時間だが
たった数分の手間で
お肌の瑞々しさは少し違うようだ


少し、ね~(´ω`;)

台北  22 老蔡水煎包
2013年08月16日 (金) | 編集 |
 B787 & 福華大飯店(ハワード・プラザホテル) 
台北からプチ旅~九份で猫探し 2泊3日
2013.06.22~06.24 < 22 >

老蔡水煎包はいろんなところにあるらしい
台北駅の近くが本店

復興南路のお店は
あたらしいのかぴっかぴか
赤くて目立つ

焼きたて@NT$12(≒¥40)
CIMG3223.jpg

3種類
鮮肉包、高麗菜包、韮菜包
CIMG3222.jpg

忠孝復興駅にも同じお店があった
CIMG3229_201308160610492b7.jpg


こちらでは
豆漿や紅茶も扱っているようだ
CIMG3227_20130816061702238.jpg

かわいく並んだ水煎包
CIMG3231.jpg

底の焼き目が食欲をそそる
CIMG3230_20130816061047952.jpg

ビールと一緒に
ヒエヒエの部屋でたべる
CIMG3236.jpg


CIMG3226_20130816061702b40.jpg


CIMG3238.jpg

キャベツに似た高麗菜
CIMG3239_201308160611374ed.jpg


皮がパサパサしていないし
そんなに大きくないところがいい

どれもおいしかった

このお店
また、見かけたら買ってみよう

NEXT台北 プラン色々・・・
2013年08月17日 (土) | 編集 |
どんだけ台北に
はまってしまったのか

10年も行かなかったのに
行き始めたら続いてしまう

諸事情により
遠い  ×
長い  ×
高い  ×







台北は最適なのだ


9月の台北、3日間
久々の成田発

成田までは
スカイライナーにするか
新しいスカイアクセスを利用するか
迷う


成田空港では
プライオリティパスで利用できる
ラウンジを楽しみにしていたのだが
ターミナル違いで利用できるのは
TEIとIASSのみとわかる
残念

帰りの桃園では
どんなラウンジか
見てこよう


桃園から市内まではバス移動
渋滞はないのか
乗り場はわかりやすいのか
まったくわからない



 <チェックワード一覧 >

九份
豆漿店
小龍包店
台湾式シャンプー
足浴
鳳梨酥
仙草

CIMG1292_20130818153101041.jpg


出発までにもう少し
リサーチを進めなくちゃ~

台北  23 福華大飯店でウェルカムドリンク
2013年08月18日 (日) | 編集 |
 B787 & 福華大飯店(ハワード・プラザホテル) 
台北からプチ旅~九份で猫探し 2泊3日
2013.06.22~06.24 < 23 >

今回利用した
福華大飯店(ハワード・プラザホテル)は
忠孝復興駅から徒歩6~7分

地図で見るよりは近い感じだ
CIMG3350_2013081808395877a.jpg

博物館みたい~
CIMG3348_2013081808395124e.jpg

吹き抜けの広いロビー
1階は朝食会場にもなるようだ
CIMG3355_201308180839576cd.jpg

中央に涼しげな滝を配し
地下にはショッピングアーケード

夜は水面に浮かぶピアノのまわりで
お酒を飲むもよし

CIMG3347_201308180839565e7.jpg 

フロント
CIMG3354.jpg

ミントキャンディ♪
CIMG9983_2013081808395469d.jpg

唐草模様のカーペットで
中華風の廊下
CIMG3344_20130818084132f5e.jpg

クラシカルなホテルらしい
雰囲気がある
CIMG3346.jpg

いろんなパターンの額縁
CIMG3345.jpg

チェックインの時にもらった
ウェルカムドリンクチケット

特に説明もなく
目立たないカードだったので
見逃していた(´Д`)=3
CIMG3343_20130818084129e13.jpg

滞在中有効なので
2日めの夜に行ってみた

使えるのはフロント手前のラウンジで
ピアノのあるところではなかった(ノ_・。)
CIMG3349_20130818084128e32.jpg

チケットがなければ
たぶん利用しないスペース(´∀`)
CIMG3353_201308180841271ca.jpg

チケットだけの利用でも
丁寧な接客がうれしい
CIMG3351.jpg


ソフトドリンクだけじゃない
ビールもいいんですって~
シュテキ♪

氷タップリのビールでまったり

CIMG3352.jpg


夜の福華大飯店
CIMG0143.jpg


まだまだ積み残しはあるが
最近リピが多いので
目新しいものが少ない


6月の台北はここで完了

読んでいただき
有難うございます

I love ミー太郎
2013年08月19日 (月) | 編集 |
空港でよく見るじゃらんの広告

ここに出ているのが
「ししょう(師匠)」ことミー太郎
IMG_2132_20130819054919620.jpg
(空港の広告をパシャリ)

佐々木動物プロダクションに所属する
タレント猫ちゃんなのだ
ミー太郎 - コピー - コピー ミー太郎 - コピー - コピー (2)
(サイトからお借りしました)



「でし(弟子)」と旅に出る「ししょう」

でしもこちらのプロダクション所属の
きっぷちゃん

最初こそ子猫だったけれど
最近「ししょう」と体型に
あまり差がななくなってきた
pro_photo_2013_06.jpg
(じゃらんからお借りしました)


一番のお気に入りはこれ♪

表情といい構図といい
さすがにプロの画はスゴイ

スマホの待ち受けにしている
IMG_3304_20130819054913185.jpg
(じゃらんからお借りしました)


そんなミー太郎は大人気で
最近いろんなところで見かける

こちら一瞬だけどすぐわかった
短い尻尾も映ったしね~(^-^)/
ミー2
(you tubeからお借りしました)

大物タレントに抱かれるも
堂々としているぞ
ミー
(you tubeからお借りしました)


ググっていたらこんなのもあった
同プロダクションのシナモン(左)と
猫ブログで有名なめんまさん(右)との共演

このコマーシャルは
ちょっと~なくらい演技しているね
気になる人はyou tubeでちぇえっく~
ミー4
(you tubeからお借りしました)


かわいすぎないところが好き
・・・って失礼かな~
03_1024_768.jpg
(じゃらんからお借りしました)



近所のシロクロちゃんも
伸びてた

暑い毎日~
CIMG3359_20130819060402270.jpg

微熱山丘(Sunny Hills)の鳳梨酥 fm シンガポール
2013年08月21日 (水) | 編集 |
シンガポールへ行った同僚のお土産は
ラッフルズホテルのレモンティと
微熱山丘(Sunny Hills)の鳳梨酥
CIMG3398.jpg

ラッフルズホテルのアーケードで
見かけたので買ったそうだが
そのお値段にビックリ
≒@200円(´Д`)=3
CIMG3400_201308210524192ea.jpg

ショップでは台北と同じように
1個の試食があったそうだが
それにしてもこのお値段だと
買うのをためらってしまう

台北では@120円くらいのはずだ
  CIMG3401.jpg

しっかりしたクッキー生地に
糖村にも似たパイナップルジャムがタップリ

ザクザクの歯ごたえと
けっこうな酸っぱさ
食べ応えがある
CIMG3403_20130821052418c25.jpg


同僚は今回6日間のスケジュール

第一候補のマリーナベイサンズ クラブフロアは
かなり前に予約をかけたが取れなかったそうだ

途中ホテルを移り
後半はリッツカールトン
こちらのクラフブロア利用だったとのこと

国内、海外問わず
クラブフロアと決めている同僚

うらやましい~


シンガポールの街並みの整備は
またスケールアップしていらたしく
とにかく美しくきれいになっていたとか

そして物価が高い(ノ_・。)

微風山丘の鳳梨酥は
台湾からの空輸かもしれない
このお値段なのもわかるような・・・


アルコール類も高いので
クラブラウンジでお酒を飲むのは
なかなかいい考え

おつまみやお料理も
リッツならお墨付き
オシャレなラウンジで
飲み放題、食べ放題

今後シンガポールへ行くことがあれば
私もそうしたいな♪

CANON POWER SHOT N って・・・・
2013年08月23日 (金) | 編集 |
キャノンから発売になっている
パワーショット Nが気になる


店頭販売なしで
キャノンのオンラインショッピングのみだとか

そんなN
img02.jpg
(画像は3枚ともCANONからお借りしました)
 


wifiで画像を飛ばせる機能は
これからメジャーになっていくのだろうか
標準装備になる可能性はあるのか
img03.jpg

便利だろうな~


いくらIphoneの画像が
格段にきれいになったとはいえ
デジカメで撮りたい

デジカメで撮ってスマホに送る

スマホからPCへ
FACEBOOKへ
友人の携帯へ

便利に違いない


こんなことも
自動でやってくれるらしい

遊び心満載だ
img01.jpg


お値段は≒26000円


いつものデジカメの2倍のお値段なので
手が出ない


wifi機能の付いたSDカードなら
8GBで4000円未満

これを買ってみようかな


面倒なことがどんどん
出来なくなる

というか
時間が勿体無いものね~



遅い夏休み  ① 踊り子号で伊豆高原へ
2013年08月25日 (日) | 編集 |
少し前メルマガで見つけた
リゾートホテルステイ1泊2日

早割りで週末でもかなりお得な料金
電車で行ける
広い
キッチン付き

何もしない休日♪
80平米 - コピー

東京駅から出発
初めて乗る踊り子号に
わくわく~
CIMG3528.jpg

ビールで乾杯~
CIMG3534.jpg

グランスタのKINOKUNIYAで買った海苔弁

食文化に造詣が深く
食のエッセイも好調な
平松洋子さんお薦めのもの

彼女の雑誌連載記事はよく読む
他の自称グルメとは一線を画する筆力と表現力
そして臨場感

いとも簡単に軽く書いているのも好もしい
うまそ~と思えてくる

そんな平松さんが大絶賛しているのだから
うまいに違いない
嫌が上にも期待が高まる
CIMG3539.jpg

一度食べてみたかった

こだわりの食材を詰め込んだ海苔弁
  CIMG3541.jpg

例によって期待が大きすぎたので
わ~感激、とはいかなかったが( ´∀`)
丁寧に作ってあるのはわかる

山形べこやの人気
牛たん弁当は
紐を引くと温まるタイプ
CIMG3538.jpg

ご飯少なめだが女子にはちょうどいい

牛そぼろの上に牛たんと
2つを一度に味わえる

温かいって何よりのご馳走だと実感
CIMG3542.jpg

踊り子号は快調に進む

CIMG3547.jpg

海が近い
CIMG3553.jpg

2時間10分で伊豆高原駅に到着

駅員さんの制服がリゾートっぽい(´∀`)
CIMG3556.jpg

高原ベアがお出迎え
(正式なお名前は不明・・・)
CIMG3913.jpg

駅に隣接するやまもプラザを散策後
駅前のスーパーで買い物をして
ホテルを目指す

ホテルの送迎バスの予約が取れなかったので
駅からタクシーで向かう
CIMG3561_20130826053134cf2.jpg

タクシーで7~8分で
本日のホテルに到着

またまたクマのお出迎え~

べあーじゅ君
宜しくお願いします
 CIMG3802 - コピー

チェックインを済ませ
部屋に入れる15時までの30分は
ロビーでのんびりしよう~

施設内を見学に、という元気はなかった(´Д`)=3


お土産コーナーを覗いていて
いいもの発見☆

秋保温泉で見つけてお気に入りになった
サロンドロワイヤルの
和風ピーカンナッツチョコ

大阪のショップだが
HPネットショップで
過去何度もポチしそうになり
送料を考えてやめてしまったこと数回

秋保に限らずいろんな観光地や
宿泊施設で販売しているようだ

そんなピーカンナッツチョコ
LOVE♪

見かけたら即買い~
CIMG3570.jpg

これも買わなくちゃ~(´ω`;)
CIMG3569_20130826060320392.jpg



のんびりするぞ~
IMG_3715 - コピー


遅い夏休み ② ヴィラージュ伊豆高原 部屋の様子
2013年08月28日 (水) | 編集 |
本日の宿
ヴィラージュ伊豆高原に到着
CIMG3818_20130830031705422.jpg

部屋に入れるのは3時から
CIMG3825.jpg

チェックインの手続きをして
ロビーで待つ

部屋の用意できたと案内されたのは
3時10分前

螺旋階段を上り
CIMG3810.jpg

一番奥の 2 WingーBへ
CIMG3584_201308300317011be.jpg

最上階は2室だけのスイート

5階にアサインされる

CIMG3707.jpg

ホテルというかマンションのようだ

バブルの時代に建てたリゾートマンションを
ホテルとして使っているのだろう
CIMG3710.jpg

間取りはほぼこんな感じ

部屋によってアレンジがあり
506号室は
中央の和室がベッドルームに

間取り - コピー
(ホテルのHPからお借りしました)

キッチンのテーブルには
ウェルカム種なし梅
CIMG3589_20130830030112ecd.jpg

冷蔵庫には
ヒエヒエのニューサマーゼリーが♪
CIMG3646_201308300301117c8.jpg

キッチンから見たリビングと
その先のスペース

広々と気持ちいい
CIMG3594.jpg

TVの後ろにSoftbankのwifiがあったが
ID,PWをメモしていかなかったため使えず(ノ_・。)

持参したモバイルwifiを利用した
CIMG3870.jpg

リビングの先のサンルーム
ここが一番のお気に入りとなった

目の前の緑や
遠くに見える海を眺めながら
ネットをしたり、食事をしたり

なんて気持ちいいんだ~
 
CIMG3597.jpg

キッチンの様子はまた別頁で~
CIMG3601_20130830030109aea.jpg

裏側のベッドルーム
  CIMG3602.jpg

表側のベッドルーム
CIMG3603.jpg

Mサイズの浴衣あり

LやS、子供用を希望する場合は
フロントに申し出る
CIMG3615_20130830030253ece.jpg

サンルームから見た
ベランダ、そしてビューバス
CIMG3598.jpg

ベランダからの景色

エンタシスの半円がフロント
滝、プール、レストランと続く


CIMG3891.jpg

遠くに見える島は大島だろうか~
DSC00876_2013083003064644a.jpg

次はバスルームへ


遅い夏休み ③ ヴィラージュ伊豆高原 バスルーム
2013年08月29日 (木) | 編集 |
ヴィラージュ伊豆高原のバスルーム

広い洗面台
CIMG3604.jpg

バス側の棚にはアメニティとコップ
CIMG3618.jpg

ブラシ、シェーバー、ヘアバンド
レディスセットにはコットンと綿棒が入っている

普段使うものより
厚手で大きめなコットンがうれしかった(´∀`)
CIMG3624.jpg

ドライヤー
CIMG3620.jpg

バスルームの反対側
タオル類、歯ブラシ

お風呂やプールには
ここにあるタオルを持っていく

使い終わったタオルは置いてきてOK
新しいタオルはフロントでもらえる

フロントに行く手間はあるが
新しいタオル、使い放題はうれしい( ´∀`)ァハ
CIMG3608.jpg

タオルの横のドアを開けると
洗濯機置き場

リゾートマンションの名残かな~
ライトは電源オフになっていた
CIMG3616.jpg

洗濯機置き場の隣は独立したトイレ
CIMG3612.jpg

バスルームは洗い場が広い
そして外が見えるビスタバス

今回ここに泊まろうと思ったのは
ビスタバスがあったから~

CIMG3609.jpg

ミキモトコスメティックスの
シャンプー、コンディショナー、ボデぃソープ

ミキモトは最近時々見かけるようになった
普段使わないのものなので
なんだかうれしい~

低刺激のようで使い心地はよかった
CIMG3610.jpg

から見られる心配もない(恐らく)ので
日の高いうちから入ったり
明かりは少ないが夜景を見ながらも・・・

そして翌日は
朝食のあとと
何度も入ってみた(´ω`;)

それ程お風呂好きではいのに
珍しいものは大好き~♪
CIMG3605.jpg

次はキッチンへ~

遅い夏休み ④ ヴィラージュ伊豆高原 キッチン
2013年08月30日 (金) | 編集 |
ヴィラージュ伊豆高原

キッチン
CIMG3592_20130831041326ba0.jpg

冷蔵庫、電子レンジ、カップボードが壁面に並び
コンロ、オーブンもあり本格的だ

分別用ダストボックスx2

炊飯器、ホットポットもある
洗剤、スポンジ、水切りも~
CIMG3625.jpg

かご型水切り、フキンは
レンタル備品(後述)の中に入っていたもの
IMG_3708.jpg 

お夕飯は部屋で軽くと思っていたので
ホテルのレストランは予約せず
予約したのはレンタル備品(´∀`)

調理セットと食器セット

レンタル備品
(ヴィラージュ伊豆高原のHPからお借りしました)


すでに運び込まれていたレンタル品
CIMG3593.jpg

調理セット
CIMG3626.jpg

食器セット
CIMG3627.jpg

L字カウンターに炊飯器とポットを並べて
CIMG3714.jpg

持参したお米を炊こう
魚沼産コシヒカリ

30kgの袋ではない(当たり前だ)
2合入ったかわいいもの~
CIMG3647_2013083104164318d.jpg

  駅前のスーパーで買ったビール
宇佐美地ビール農園の伊豆の地ビールと
いつの間にかアサヒの系列になっていた
沖縄のオリオンビール
CIMG3686.jpg

伊豆の地ビール、最高~
すっきり飲みやすい
その場で注いでもらった生みたい~
テムズ
(宇佐美地ビール農園のHPからお借りしました)

ベトナムビール、ホップスターも♪
こちらは発泡酒
DSC00913 - コピー

お刺身、豆腐サラダ、生シラス
CIMG3683.jpg

お鮨
  DSC00912 - コピー

魚沼産コシヒカリは
適当に炊いてもおいしく炊き上がった

スゴイ、ピカピカでお米が立ってる~

何もいらない
お米だけを食べて満足できる

ほんのり甘味を感じる梅干に
最高のおかず・お米添えた、って感じ☆
DSC00910 - コピー

残ったお米は翌朝
混ぜ込み、梅干を入れて
おにぎりにした

冷めてもそのおいしさが変わらなかったことに
衝撃を受けたほど~
  CIMG3935.jpg

もっと食べたい~



次はプールへ♪

遅い夏休み ⑤ ヴィラージュ伊豆高原 室内プール
2013年08月31日 (土) | 編集 |
ヴィラージュ伊豆高原には
室内温水プールがあり
楽しみにしていた

今年はどこでも泳いでないから
初泳ぎ~ってことで
チェックイン後部屋で
すこし休んでから行ってみる
 


フロントからホテル棟への移動途中に
室内プールが見える
CIMG3797.jpg

まわりには錦鯉が泳ぐ~

時々カラスが水面スレスレに滑空して
狙っているように見えたが
本当のところはわからない
CIMG3834.jpg

時間外は静か
CIMG3794.jpg

プール入り口のロッカーに
貴重品は預けよう
CIMG3791_20130901061702ad5.jpg

プール入り口

男女別になっており
中の更衣室で着替えてそのまま
それぞれのドアから入っていく
CIMG3648_20130901061702a96.jpg

入ってみよう
CIMG3649.jpg


室内温水プール
(画像はHPからお借りしました)


あまり大きくはないが十分

半分遊ぶ、歩くスペース
半分歩く、泳ぐスペースと分かれていたが
人が増えてくると
区別が曖昧になることも・・・

画像右奥がジャクージ
手前に幼児用プール
CIMG3652.jpg

ビート板の用意もあった

画像右のドアが採暖室
CIMG3671.jpg

広いサウナのような感じだった
  CIMG3670.jpg

自由に使えるスイムキャップは
色違いで子供用、S、M、Lサイズが用意されていた

使用後は黄色いバケツに入れて返却
CIMG3663.jpg

学生の団体、家族連れなどでに賑わうプール

監視員もひとりいて安心だ

CIMG3664.jpg

女性はかなりの人が
泳ぐためのスイムウェアを着用していたが
そういうのを持っていない私は
以前からのリゾート用セパレート

贅肉がはみ出るのが気になったが
泳いだり歩いたり
ジャクージや採暖室で寛いだり
楽しい時間を過ごした

通年利用できるようなので
春が待ち遠しい真冬に
ここで泳ぐのもいいかなと思う


次は大浴場へ